海外FX口座開設手順「申込フォームの書き方」英語の名前、電話番号、住所

woman
「海外FX口座開設の手順を教えてください。」
「海外FX口座開設時に申込フォームにはどう書けば良いでしょうか?」
「口座開設で必要な名前や電話番号、住所などの英語の書き方を教えてください。」

海外FXの口座開設がはじめての方は、口座開設の申込フォームの入力にも、迷うことが多いと思います。今回は、海外FX口座開設手順「申込フォームの書き方」英語の名前、電話番号、住所、投資経験の書き方について解説します。

海外FX口座開設手順「申込フォームの書き方」

今回は、XMTradingの口座開設の申込フォームで書き方を解説します。

口座開設の申込フォーム

口座開設の申込フォーム

一つ目の口座開設フォームには

  • 名前
  • 居住国
  • 希望言語
  • 電話番号
  • Eメール
  • 取引プラットフォームタイプ
  • 口座タイプ
  • 確認チェック

があります。

選択式以外の迷いやすい部分を解説します。

名前の書き方

名前の書き方
  • 「名前」「苗字」の順で書く
  • 英語(ローマ字)で書く
  • 最初の文字が大文字、2文字目以降が小文字で書く

というのが一般的です。

ただし、海外FX業者によっては

  • 「苗字」「名前」の順
  • すべて大文字
  • 日本語(漢字)で書く

という、日本人投資家にわかりやすいように設定している業者もあるため

書き方の参考例

を見ながら、合わせて書くのが間違えのない方法です。

電話番号の書き方

電話番号の書き方

電話番号は、日本の国番号(+81)を選んで、日本の電話番号とくっつける形で書きます。

このとき、最初の「0」は省略されます。

携帯電話:090-1234-5678 → +8190-1234-5678
固定電話:03-1234-5678 → +813-1234-5678

「+」は、国際電話番号を意味する記号ですので、不要なケースもあります。

XMTrdingの場合は、国番号は選択式ですので「Japan(+81)」を選び、残りの空欄に「90-1234-5678」「3-1234-5678」と入力するのです。

「-」のありなしも、海外FX業者によって、異なるので注意が必要です。

二つ目の口座開設フォームには

  • 名前(全角カナ表記)
  • 生年月日
  • 住所
  • 取引口座詳細
  • 投資家情報
  • 口座パスワード
  • 確認チェック

があります。

選択式以外の迷う部分を解説します。

住所の書き方

住所の書き方

英語で住所を書く場合は

日本とは逆の順番で書きます。

  • 日本の場合:「郵便番号」「都道府県」「市区町村」「地域名」「番地」「建物」
  • 海外の場合:「建物」「番地」「地域名「市区町村」「都道府県」「国」「郵便番号」

となります。

海外では「国」も選ぶ必要があります。

また、各要素は「,(半角カンマ)」で区切るのが一般的です。

「都道府県」の書き方

ローマ字表記で「-(半角ハイフン)」を使って書くのが一般的です。

千葉県 → Chiba ※都道府県は「-ken」を省略するケースが多いです。
東京都 → Tokyo
千代田区 → Chiyoda-ku
横浜市 → Yokohama-shi

  • 都 → なし
  • 道 → なし
  • 府 → -hu, -fu
  • 県 → -ken
  • 区 → -ku
  • 市 → -shi
  • 町 → -chou, -machi
  • 村 → -mura
番地の書き方

日本と同じ、「-(半角ハイフン)」で省略する形になります。

2丁目1番地5号 → 2-1-5

建物名の書き方
  • ビル → Bldg
  • アパート → Apartments
  • マンション → Mansion

801号室 → #801
2階 → 2F
地下1階 → B1

全体の書き方の例

〒450-0001
名古屋市中村区那古野1−47−1
名古屋国際センタービル6階

Nagoya International Center Bldg. 6F
1-47-1 Nagono, Nakamura-ku, Nagoya
450-0001

XMTradingの場合は

  • 都道府県・市
  • 番地・部屋番号
  • 区町村・町名
  • 郵便番号

と分けられているため

  • 都道府県・市 → Nagoya
  • 番地・部屋番号 → 1-47-1-6F
  • 区町村・町名 → Nakamura-ku
  • 郵便番号 → 450-0001

という表記になります。

投資経験の書き方

投資経験の書き方

海外FX業者の口座登録では、投資経験について聞かれることが多いです。

XMTradingでは

  • 投資額
  • 投資の目的および性質
  • 雇用形態
  • 学歴
  • 所得総額
  • 純資産

について聞かれます。

わからないのは「いつの期間の数字なのか?」だと思います。

サイト内に記載がない場合は

  • 投資額 → 年間投資額(ドル)
  • 所得総額 → 現在の所得(収入)の総額(ドル)
  • 純資産 → 現在の純資産(資産)の総額(ドル)

厳密なものではなく、アンケートのようなものですので、だいたいの数字に近いものを選択すれば問題ありません。

取引の目的および性質
取引の目的および性質

選択肢には

  • 投機
  • ヘッジング
  • 投資
  • リスク管理
  • 分散

とありますが

  • 投機 → ハイリスクハイリターンの投資
  • ヘッジング →リスクヘッジを意識しながら、かつ積極的に収益をとりにいく運用スタイル
  • 投資 → 一般的な投資
  • リスク管理 → リスクを抑えた投資
  • 分散 → 分散投資

ぐらいの意味で、近しいものを選べば良いです。

まとめ

申込フォームでの英語での書き方では

  • 名前
  • 電話番号
  • 住所

の書き方さえ間違えなければ、問題なく口座開設ができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA