行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2012.05.22

コスタリカの自然がもたらす恩恵 ~コスタリカの食事情~

photo

食材の本来の味わいを活かすことで有名なコスタリカの郷土料理、最近では新しいスタイルを取り入れたものが登場しています。例えをチーズはそのまま、「トルティジャ」と呼ばれるスペイン風のオムレツに包んで食べるのがコスタリカ風ですが、トルティジャをラザニア風に使い、何種類かのチーズを合わせて調理するなどアレンジも最近では顕著になってきています。また、コスタリカの食卓には欠かせない調味料があるのですが、ご存知でしょうか?答えは「リサノ(Lizano)」と呼ばれる、酢、辛子、チャツネなどが入った万能調味料です。この「リサノ」には独特な風味があり、肉料理、炊き込みご飯、焼肉、サラダ類などのどんな料理ともマッチングします!

クリスマスの料理として名高い「タマレス(Tamales)」、年に1度だけ収穫される白いトウモロコシの粉、豚や鳥肉、ジャガイモ、にんじん、ピーマン、さやいんげん、干しぶどう、ゆで卵などを入れて包んだ「コスタリカ風ちまき」です。現在は1年を通して作られているので、いつでも食べられますがもともとは各家庭によって具材にも工夫があり、女性達が腕を競い合ってきたコスタリカの代表的な家庭料理です。家庭料理だけではなく簡易食堂などで食事を採るのもお勧めです!どんな料理を注文するか迷った時は「カサド」を注文してみて下さい!そうすれば、バランスの取れる料理が出てきます。ガザドには黒小豆が必ず付いてきますが、この黒豆には精神安定や便秘解消などの効果があるようですよ。もちろんご一緒に、野菜やフルーツもお勧めします。コスタリカではお米が主食なので、日本人旅行者にとっても気楽に過ごせる国なのではないでしょうか。慣れない旅先で野菜不足が気になる方は、コスタリカの新鮮な野菜を刻んで塩もみしたものをビニール袋やビンに入れ持運んでみて下さい!

沢山の自然に囲まれ、沢山の食材にも恵まれた「魅惑の国 コスタリカ」!
毎日の食事の内容を考えるだけでも、楽しみになってきますね!!

▲ ページのトップに戻る

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL