行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2012.05.06

一度は住んでみたい恵まれた気候の国「コスタリカ」 乾季から雨季への移り変わり

現在、コスタリカでは乾季から雨季へと気候が変移しています。2月から4月末迄は乾季。全土で平均気温が25℃から33℃で、低くても15℃から20℃の間を推移します。乾季に入ると毎日澄んだ青空が広がり、日陰に入ると涼しくて毎日をとても爽やかに感じます。一方で5月から11月末までは雨季に突入します。雨季ではセーターやウインドブレーカー、時にはジャンパーが必要な日もあります。平均気温28℃ぐらいで、低い時でも20℃を下回ることは稀有でしょう。コスタリカはエコツアー先進国と呼ばれており、それだけエコ関連のアクティビティが豊富です。国立公園を散策するにも、乾季と雨季では観察できる動植物に違いが見られて、その新たな発見が何よりも楽しく思えますね。

こんな日々を過ごしていると、「ああ、住むだけでもいい国だなぁ」とひしひし感じます。実際にコスタリカの気候にすっかり惚れ込んで住みつき、起業して生活をしている若い人達が増えているほどです。1年中、「春」と「秋」を楽しめるコスタリカ、この国は世界でも有数の楽園ではないのでしょうか?

関連URL:KATSUKO TRAVEL

  • photo
    ナマケモノ
  • photo
    マダラアグーチ(Dasyprocta punctata)

▲ ページのトップに戻る

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL