行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2013.02.15

コスタリカのファーストフード「エンパナダ」

1949年サンホセ中心部の南側に小さな店が開店し夫婦で肉、ポテト、チーズ等を入れた揚げ物を売り始めました。社会保険協会の裏という条件もあり、味の良さと大きさから人気を呼び、コーヒーとエンパナダの店として人気を博し、25分おきに約50個のアツアツエンパナダが出来るという売れ行き。常連さんも毎日来ていて、5分であっても人との交流を繋げるのが、ここの店ならではという老年の人達。

操業してから64年間この店を切り盛りする店主は、優に1千万個を食べて頂いているのが自慢と感謝だと言いながら丸々とした顔をほころばせています。サンホセの中には現地人だけしか知らない「美味い物」の店がまだ他にもあります。エンパナダはトウモロコシをすりつぶして作る生粉に中味を加えて半月型にして油で揚げた物です。栄養価も高く、1つ食べるだけでお腹もイッパイになり、これをお昼の替わりにしている人も沢山居るのがコスタリカの庶民文化でもあります。言ってしまえば、日本のおむすび同様ですね。価格は600コロン(約110円)なので是非、コスタリカにご旅行の際には「エンパナダ」を試してみて下さいね。

情報提供: KATSUKO TRAVEL

  • photo
    (c)K.M
  • photo
    (c)K.M
  • photo
    (c)K.M

▲ ページのトップに戻る

  • 現地発着ツアー情報
DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL