行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2015.03.18

ルーマニアの陶器 アーティストが集うホレズ村から

ルーマニアの南、ヴァラヒア地方にあるブカレストから西へ約180キロの場所にホレズ村があります。

ここホレズ村は、世界遺産に登録されているホレズ修道院があるので世界的にも有名な場所です。
しかし、実はルーマニア人にとってホレズ村は特別な思い入れがある場所になっています。その理由とは、ホレズ村はルーマニア人にとって「陶器故郷」に当たるからです。
ルーマニアの国内には陶器を製作しているマルジネア、トランシルバニアやコロンドなどの有名所がありますが、ホレズ村はその中でも一際際立ちます。もともと陶器は修道院と深い関係があると言われていますが、17世紀にホレズ修道院が設立され、その後ホレズ修道院は文化の中心になり、絵、彫刻、建築、陶器などの技術がものすごく盛んになりました。
現在のホレズ村には17-18家族が先祖代々から伝わる技術を継承し、その技術を披露しています。

そんな中、今回お尋ねしたのはピエトラル家。彼らは家族全員で、昔から伝わる伝統的な方法でホレズ村の陶器を作っています。
魔法のように数秒でペトラルさんは、土の塊を素敵な形のお皿へと昇華させていきます。材料は近くの山から持ってきており、陶器が醸し出す様々な色も自然由来のものになっています。赤色は赤い土から、黒色は特別の土から、緑色は銅を窯で焼いて抽出します。この抽出したものを水に溶かして、素晴らしい技術でお皿の絵を描きます。作業は一見簡単そうに見えますが、ピエトラルさんは子供のころから父親から学んだ技術を用いており、疑いようのない一流の職人でした。

ホレズ村のほとんどの人々は陶器を作る民族アーティストです。町中にお店が沢山広がり、どれを買えばいいのか目移りしてしまいました。これからもホレズ村の陶器は、ルーマニアの将来のためにも輝いていてほしいですね。

ルーマニアにご旅行の際は、是非「ホレズ村」にお越しください!

【情報提供】オリビア・ベルギアヌ(Olivia Berghianu)

  • photo
    (c)Exact Tours
  • photo
    (c)Exact Tours
  • photo
    (c)Exact Tours

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!