行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2014.07.14

トランシルバニア地方で「1千人の娘祭り」開催!

毎年7月にトランシルバニア地方のシュムレウ村で「1千人の娘祭り」が行われます。
とても規模の大きいお祭りで、セーケイ人((Székely:トランシルバニアのハンガリー系の民族)のもっとも大きいお祭りです。このお祭りが始まったのが1931年。共産主義時代には一時禁じられていましたが、また1990年から再開しました。

お祭りに参加するのはミエルクレア・チュック周辺の村人たち。
まず、最初は、町の市役所前の広場にみんな集まります。民族衣装を着て、それぞれの村の名前のボード掲げます。まるでオリンピックのような雰囲気でした。大広場で演説が終わり、みんな踊り始めます。それが終わると、みんな馬車に乗ったり、歩いたりし、町の郊外にあるフランシスカン教会に向かいます。ミサが終わり、今度はシュムレウ山のほうにみんな向かっていきます。町から4キロのところにあります。自然の中、山に囲まれたシュムレウ山にはちゃんと舞台があります。この舞台では午後から夜中まで、民族舞踊、音楽などを楽しみます。
観客も踊り、一晩中、みんなでキャンプファイアの周りを踊りながら夜明けまでこのお祭りが続きます。

このお祭りはが始まったもともとの目的は若者が結婚相手を見つけるためでした。娘たちが町に出稼ぎに行くため、村の男性の結婚相手がいなくなり、このお祭りができました。

このお祭りに参加する観光客たちは、音楽を聴き、踊りを見て、伝統的なお料理などを楽しむことができます。


【情報提供】オリビア・ベルギアヌ(Olivia Berghianu)

  • photo
    (c)Exact Tours
  • photo
    (c)Exact Tours
  • photo
    (c)Exact Tours

カテゴリー:旅行・観光情報

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!