行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2013.12.12

リトアニア便り〜美しい樫の木とŠiluvaの教会①〜

レポート:鳴海深雪(日本リトアニア友好協会HP内『リトアニア便り』担当)

8月のある休日、ドライブがてらリトアニアのカトリック聖地の1つであるŠiluva(シルヴァ)に行ってきました。人口1000人弱の小さな町にある教会で、その昔、1608年と1612年に聖母マリアが出現したとして、カトリックの聖地となっています。1993年には当時のローマ教皇、ヨハネ・パウロ2世の訪問、祝福も受けており、毎年各地より多くのカトリックの巡礼者を迎え入れています。

ヴィリニュスから車で3時間弱、サモギティア地方へと走ります。

カウナスを過ぎると、ガソリンスタンドすらもない広大な田舎道がひたすら続きます。それにしてもカラッと晴れた良いお天気です。

シルヴァに向かう途中森に入る小道に「Gražus Ažuolas」(美しい樫の木)とだけ書いた質素な木の看板があり、どんな樫の木なのか気になったので、わき道に入り見学をすることに。偶然見つけたこのスポットが最高でした!

脇道に入るともう道路は舗装されておらず、森の道を数キロ走ります。すでに木の香りで清々しい空気!

「美しい樫の木」を表示する看板。ここに車を置いて、さらに徒歩で小径を進みます。

-------------------
次回はトトロが住んでいそうな森にある「美しい樫の木」をご紹介します。
お楽しみに!

写真左:Šiluvaの教会
写真中央:広大な田舎道
写真右:「美しい樫の木」を表示する看板

  • photo
    (c)鳴海深雪/
    日本リトアニア友好協会
  • photo
    (c)鳴海深雪/
    日本リトアニア友好協会
  • photo
    (c)鳴海深雪/
    日本リトアニア友好協会

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL