行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.08.16

ベトナム最後の楽園コンソン島の光と影

コンダオ諸島(ベトナム語: Côn Đảo)はベトナム東南部、ホーチミンから北へ230kmほど下ったところにあり、大小16の島々から成り立っています。そこで唯一の有人で、かつ最大の島が、リゾートアイランドとして有名なコンソン島です。旅行誌では「世界で最も神秘な島トップ9」に選出されたり、「ガイドブックに載っていない島」などとも言われています。

ホーチミンから飛行機で45分。そこはエメラルドグリーンの海、真っ白い砂浜、澄んだ空気、満点の星空、そして何より手付かずの大自然が満喫できるベトナム最後の楽園と言われるビーチリゾート。長い事フランス領だった事もあり、街はフレンチコロニアル様式の建物が多く独特の雰囲気を醸し出しており、建物の一部はホテルに改築されているものもあります。島には、宿泊施設、レストラン、お土産屋、ダイビングショップなど観光客向けの最低限の施設があります。ただ2011年にブラット・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが家族で訪れて以来、注目を集め、高級リゾートホテルや観光客向けの新しく施設も数多くオープンしています。

ここはかつては「虎の檻」のニックネームで知られる劣悪な監房を持つコンダオ刑務所として知られ、ベトナム戦争を挟んで歴史の黒い影の一部を作った場所でもあります。19世紀以降、延べ20万人の政治犯が収容され、2万人以上が死んだと言われ、今でもベトナム独立・革命運動犠牲者の慰霊を目的に多くの人が訪れます。(ホーチミン市の戦争証跡博物館にはこの「鉄の檻」のレプリカがあるそうです。)その辺のお話は海沿いにあるコンダオ収容所歴史遺跡展示館(The Prison Museum)でリアルに再現されたいます。

この島の最大の見どころは、何と言っても手つかずの自然。運が良ければ絶滅危惧種に指定されているウミガメやジュゴンを見る事ができるそうです。諸島の多くの島々がコンダオ・ナショナル・パークとして監視下に置かれ、タイマイ、アオウミガメ、イルカ、ジュゴンといった動物や、海草藻場、マングローブ、サンゴ礁といった生態系が対象として保護されています。公園の事務所にはコンダオ島で見ることができる動植物の展示があり、ジュゴンの剥製にもあるそうです。

コンダオ・ナショナル・パーク 公式サイト
http://www.condaopark.com.vn/en/main.html

その他には、島でたったひとつの市場コンダオ市場、小高い山の上にありの絶景が海楽しめる雲取寺といったスポットがありますが、約5千人の人が暮らすこの小さな島の地元の生活に触れ合うのも旅の楽しさではないでしょうか?海沿いの通りで野菜を売る人、港の漁船の周りに集まる人々、道に屯する人、歴史の影に翻弄されながらも島の人々は強く、たくましく生きてきました。きっとそれは変わりません。

柔和なベトナム人が時々見せる強さ。それが独特のベトナムの魅力につながっている様に思えます。

*記事に含まれる情報の日時、場所、料金、内容などは予告なく変わる事があります。ご訪問の際は、公式サイト、現地手配会社、旅行代理店などを通じて事前に必ず再確認をお願いします。

  • photo
    (c)Con Dao Tourism
    コンダオ島
  • photo
    (c)The wall street journal
    フレンチコロニアル様式の建物
  • photo
    (c)The wall street journal
    野菜を洗う女性

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL