行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2013.01.31

ベトナムの旧正月(テト)

photo

(c)ベトナム航空
Banh Chung

ベトナムでは旧正月を「テト」と呼び、家族や親戚が集って盛大に祝う習慣があります。テトの日付は毎年異なり、2013年は2月10日(日)が元日に当たります。この日の1週間~10日ほど前からベトナム各地で帰省ラッシュが始まり、大荷物を持って里帰りする人々でごった返します。

日本のお節のように、ベトナムでもお正月に食べる特別な料理があります。その代表的なものが、ベトナムちまき「バイン・チュン(Banh Chung)」です。豚肉と緑豆ペーストを層になるようにもち米で包んで四角く整形し、最後にゾンというバナナの葉に似た大きな葉っぱで包んで茹でたもので、味はあっさりしています。そのままで、または食べるときに少し温めて、お好みで塩やタレを付けて食べます。5キロ程度のもち米を使って一度にたくさん作り、湯を途中で継ぎ足しながら、茹で時間はなんと10時間!しっかり茹でるせいか、1ヶ月近く日持ちするそうです。手作りする家庭が多いですが、お店でも売られていますので、この時期にベトナムへ行かれる方は、ぜひ一度試されてはいかがでしょうか?

なお、テトの時期はベトナム各地の空港が大変混雑します。チェックインや出国手続きには、大幅に時間がかかることが予想されますので、時間に余裕を持って空港へお越しくださいね。


情報提供:ベトナム航空

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL