行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2013.04.12

スリランカの新年(シンハラ・タミル正月)について

photo

(c)SDC

スリランカの新年は「太陰暦」に従い、毎年4月にお正月を迎えます。今年は、4月13日(土)が大晦日、14日(日)が元日となります。スリランカで多数を占める仏教徒の新年の過ごし方をご紹介すると… 年末年始の行動は「占星術」によって、全て「縁起の良い時間」で決められています。 今年の例で紹介すると、まず今年の「新年」は01:29am となっています。

14日ですが・・・①料理を始める時間―04:06am(洋服の色:青、方角:南を向いて料理をする)。②一日の活動を始める時間(食事をしたり出かけたり)―07:05am(洋服の色:赤と黄色が混じった色)。
翌日の15日は、③頭に油をつける時間-06:45am(洋服の色:白、方角:東)。④仕事に出かける時間-06:53am(洋服の色:白)-または17日の07:42am(洋服の色:緑)…といったようになっています。

時間は毎年変わるため、新年の1週間くらい前に発表されます。一通りの新年の儀式が終わるとパーティの始まり。お正月料理としてかかせない「キリバット(ココナッツミルクライス)」やバナナ、甘いお菓子などに舌鼓を打ちます。その後は、家族で親戚の家々を回って新年のお祝いをしたり、お正月のゲームをしたり楽しむのが、スリランカ式のお正月の過ごし方です。

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL