行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2012.12.17

植民地時代の病院跡がコロンボっ子の人気スポットに?

過去の長い間、欧米の列強国に支配されたという歴史を持つスリランカ。コロンボの街を歩けば、いたるところで植民地時代の名残を残すコロニアル建築の建物に出会うことができます。そんなコロンボで、今年注目のスポットとして人気を集めたのが、「ダッチホスピタル」。その名の通り、元々はオランダ植民地時代に病院だった施設をそのまま改装し、レストランやショップが入るショッピングコンプレックスとして昨年12月にオープンしました。オープンして1年経った今では、知らない人はいないほどのコロンボのお洒落スポットとして若者や家族連れ、観光客にも人気のスポットとなっています。

中に入っているショップは、日本人観光客にも大人気の「Barefoot」、コロンボを代表するデパートのODELのサブブランドである「Luv SL」、ラグジュアリースパブランドの「スパセイロン」など、コロンボのトレンドを感じることができます。また、レストランも充実しており、ヒルトン・コロンボが運営する、ドイツ料理のWIP (Work in Progress) 、スリランカ航空のケータリング会社運営の「Semondu」、国民的スポーツであるクリケットの選手がオーナを務める、「Ministry of Crab」など、個性的なレストランがそろっており、訪れる人々を飽きさせません。

コロンボにお立ち寄りの際は是非訪れてみて下さい!特に人々で賑わう夜がおススメです!!

関連URL:Dutch Hospital

  • photo
    (c)SDC
  • photo
    (c)SDC
  • photo
    (c)SDC

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL