行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.04.05

移動はリキシャで

カトマンズで一番楽しい移動方法といえばリキシャです。人力車の前部分が自転車になっているもので、名前からも分かるように日本がアジア各地で力を持っていた時代の名残りです。さてリキシャに乗るには始めに値段交渉が必要です。そのためには相場を知っていなければいけませんが大体タクシーの7〜8割程度でしょう。(まあタクシーもボッタクリますが)

何が楽しいかというと、ほぼ早歩き程度の速度で街中を見て回れることです。また車では入れない路地も自在に走ります。リキシャは日常の風景なので街の人も気にしなため少し高い位置から自然な街の生活を写真に収めることができるでしょう。

今回はタメルからスワヤンブナートまでの3〜4キロほどの行程です。タメルにいるほとんどのリキシャは要注意。観光客に一時間いくらとか比較的手頃な値段を提示し乗せて帰って来てからボッタクロウと考えています。私も始めから時間が過ぎてもこれしか払わないよといろいろ釘を刺していたのですが、帰り着いたらやっぱりケンカになってしまいました。でもネパールの良い所はワイワイやっていると見物人が集まって来て何かと仲裁してくれる事です。今回もネワール族のおじさんが「まああと100ルピーぐらい出してあげなさいよ」と言ってくれたので、私も仕方ないと思い、相手もそれなら良いやと手打ちになりました。やはり言葉が通じるのは強みでもありますが言い争いは片言の英語でもみんなが助けてくれるのでこんな体験も旅の楽しみの一つと言えるでしょう。

レポーター:栁澤 理恵

  • photo
    ©DTACネパール観光情報局 RY
    リキシャ
  • photo
    ©DTACネパール観光情報局 RY
    午前中のゆったりと時間が流れる街中
  • photo
    ©DTACネパール観光情報局 RY
    カトマンズ盆地が見渡せるスワヤンブナート

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL