行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2017.03.14

3月12日は、春の訪れを祝って水や色粉をかけ合うホーリー祭

Holi kerne? ホーリーで遊びますか?

いつもなら暑くなっても良さそうなこの頃なのに雷を伴う大雨の後も寒さが戻り、そしてホーリー(3月12日)の当日を迎えました。陽射しは戻ったものの吹く風は冷たく、どうなるかと心配していましたが、子供たちは元気よく水をかけ合っていました。

さてホーリー祭りとはヒンズー教の春を迎えるお祭りです。ビクラム暦の11月の最後の満月の日に行われ、春の訪れを祝って水や色粉をかけ合います。元は悪鬼を追い払うために行なわれたものだそうで、日本の節分祭を思い出しました。この時期はアジア各地でも水かけ祭りがありますが、家に閉じ込められていた冬が終わり春の訪れを心から喜び合うお祭りと言えるでしょう。ネパールではインドのように町中が色粉で染まるということはなく、大人はティカ(お祈りの印)のように顔に塗り合ってお祝いします。子供たちは大きな水鉄砲を持ちこの時とばかりかけ合います。カトマンズの王宮広場が祭りの中心になり若者や観光客が大はしゃぎしたようです。タライ地方やインドでは2日間にわたって行われ、色粉をかけ合うのは2日目の午前中なので次の日のニュースが楽しみです。

現地レポート:栁澤理恵

  • photo
    ©DTACネパール観光情報局 RY
    若者はちょっと激しくかけ合います
  • photo
    ©DTACネパール観光情報局 RY
    大容量の水鉄砲で大はしゃぎ
  • photo
    ©DTACネパール観光情報局 RY
    スパイスではなくこの日は色粉売り

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL