行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2016.06.07

ネパールのおもしろい道、カトマンズからヌワコット郡へ続く山道

2015年4月25日、ネパールの首都カトマンズの北西付近を震源地とした大地震が発生し、ネパールは大きな被害を受けました。多くの人々が犠牲となり、美しかった街並は、一夜にして無惨な姿に変わってしまいました。今もなお復興活動は続いています。

甚大な被害を受けた地域のひとつに、中部開発区域のヌワコット郡があります。ここでもたくさんの建物が崩壊し、多くの人々が犠牲となりました。地震が発生する前年2014年の夏に、私はここヌワコット郡にホームステイという形で10日間滞在していました。美しい自然、街並、おいしい食べ物、温かい人々とゆったりした時間の流れを持ったこの魅惑的な国ネパールが早く復興してほしい、という想いから、ネパールの魅力、特にヌワコット郡の地震発生以前の様子をお伝えしたいと思います。

今回はカトマンズからヌワコット郡へ続く山道の様子についてお伝えします!ヌワコット郡はカトマンズから車やバス、バイクで3、4時間程山道を登ったところにあります。みなさんもご存知の通り、ネパールと中国の国境沿いには世界最高峰の山、ヒマラヤ山脈があります。そのため、ヌワコットが山の上にある、と一言で言ってもそれは日本の山とは比べものにならない程ほど標高が高く、広大で、空気が澄んでいて、とても神聖な場所なのです。

ネパールにはまだまだインフラが整っていない場所がたくさんあり、舗装されていない道はガタガタ、山道のすぐ脇は崖で車がすれ違う時やカーブの道を通る時はとても危険です。徒歩での移動もとても大変で、たくさんのバイクや大型バス、車が山道を走っています。事故を起こさないように、常にクラクションを鳴らし続け、相手に自分の存在を知らせながら走行しているところは日本と違ってとても興味深い点です。すれ違うときに、あいさつのようにクラクションを鳴らし、お互いに笑顔になるところがとても印象に残っています。

道にはたくさんの牛が歩いており、ヤギたちが草を食べています。自然豊かで、新鮮な空気が一帯を包んでおり、その場にいるだけで心が安らぎます。山の上から見渡す景色はとっても綺麗。もちろん動物だけでなく、人も歩いています。カラフルで綺麗な民族衣装を来た人たちが、頭の上にかごを乗せて荷物を運んでいました。
ぜひみなさまもネパールのおもしろい道の様子を自身の目で見てみてください!

【情報提供】
辻 明里 / Tsuji Akari
(特定非営利活動法人アイセック・ジャパン / 慶應義塾大学環境情報学部3年)

  • photo
    (c)Akari
    ヌワコット群への道の途中の景色
  • photo
    (c)Akari
    山の奥地のヌワコット群
  • photo
    (c)Akari
    豊かで美しい自然

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL