行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2012.03.09

ぜひ、ミャンマーで本格的なヨガ修行を体験してみませんか?

photo

ヨガ修行

さて、これまで2回にわたって紹介してきたミャンマーのMahasiセンター。実は、本格的なヨガ修行を体験してみたい…という人であれば、私たち日本人でも快く受け入れてもらうことができます。しかも施設内での修行期間中は、すべて寄付によって賄われるため、費用はあまりかかりません。ただし、あくまでも「本格的な修行」が前提となりますので、その点にご注意くださいね。特別に短い期間(4週間以内)で修行を切り上げる人もいるようですが、だいたいは6~12週間の修行がポピュラーのようです。
4週間以上の長期の修行を希望する人は、まずは書面でBuddha Sasana Nuggaha協会への申請を行い、紹介状を得る必要があります。その紹介状を大使館ならびに領事館に提出し、晴れて修行ビザが下ります。場所は、ヤンゴン国際空港からタクシーで20分。市内の観光案内所からも車で10分くらい。途中、標識も設置させているので迷わず行くことができます。
宿泊施設は、僧侶と修行にきた一般人とは分かれています。もちろん男女とも別々です。施設内には必要な備品が備えられており、ベッド・洗面台・浴室・トイレが付いていて、思った以上に快適に過ごすことができます。以前も紹介したように、正午以降はソフトドリンクとココナツやしが作ったシャガリーと呼ばれる黒砂糖を除いては食べることはできませんが、慣れると意外と平気だから不思議ですね。朝食と昼食はビルマスタイルで提供されます。修行をする人は常備薬やサプリメントを持ち込むことも認められており、センター内には立派な診療所も併設されているので安心して修行に取り組むことができます。

ぜひ、興味を持った人はヨガ修行に訪れてみてください。

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL