行き先を選ぶ

エリア別で選ぶ

世界地図から選ぶ

新着ニュース

DTAC

2012.05.30

カンボジアの夕涼み屋台 フルーツシェイクorアヒルの卵?

昼間は年間通して暑いカンボジア、夕方になると皆ベランダに出て涼んだり、川沿いを散歩して涼んだりと、皆それぞれ夕涼みを楽しみます。その夕涼みに欠かせないものと言ったらずばり「屋台」です。首都のプノンペンでも、田舎でも、夕方になるとカンボジアの街のあちこちに屋台が並び、小さな机と椅子を並べただけのお店が軒を連ねます。カンボジアで飲み物と言えば、ココナッツジュース、さとうきびジュースなど加工しない自然の飲み物が街のあちこちで売られています。夕方になると、夕涼みのお供に道端に登場するのが「フルーツシェイク」の屋台です。パパイヤ、バナナ、りんご、パイナップル、それからドリアンなどたくさんの種類の果物をミキサーで一気に混ぜ合わせ、氷、シロップ、練乳を入れたら出来上がりです。ドリアンが苦手な人はドリアン抜き、甘さ控えめにしたい人は砂糖抜きも可能です。季節によっては珍しい「ストロベリーシェイク」、「アボガドシェイク」も楽しめますので、これに遭遇したらラッキーですよ!
また、フレッシュジュースと同様に夕涼みの代名詞と言われるほどに欠かせないものが、カンボジアにはあるのですが、何だか分かりますか??それは「孵化しかけのあひるの卵」です!!これもどこへ行っても見掛けます。「孵化しかけ」と聞くとギョッとしますが、味は意外とさっぱり。スプーンの裏でコンコンと殻を割り、コショウとしぼったライムを混ぜたもので少し味付けしたら出来上がり。もちろん「孵化しかけ」なので、生卵ではなく、あひるの子供でもない微妙な状態。人によっては「孵化の進んだ状態」あるいは「まだ孵化の進んでいない状態」を選ぶなどそれぞれ好みがあるようです。カンボジアの夕暮れを、フルーツシェイクで楽しみますか?それとも、アヒルの卵に挑戦してみますか?

  • photo
    (c)Arai
    タマゴ屋台
  • photo
    (c)Arai
    フルーツシェイク屋台
  • photo
    (c)Arai
    屋台の雰囲気

▲ ページのトップに戻る

DTAC観光情報局 twitter Followで最新情報をゲット!!
Web TRAVEL